Patriot Game 強さの意味
2018年04月08日 (日) | 編集 |
ロケットニュース24
【カスタムカブ】インドネシアの改造スーパーカブ事情がスゴイことになっている

カスタムバイク(改造バイク)が大好きな人にとって、Instagramは情報収集に最適なツールであると私は思う。昔は雑誌しか情報ソースがなかったけれど、今はもうインスタでバイク名を検索するだけで、世界中の改造バイクがヒットする。最高だ……!!

そんなこんなで前々から “インスタバイクパトロール” を続けているのだが、ここ最近、特に注目しているのが「インドネシアの改造スーパーカブ」だ。前々から同国のカブ改造シーンはヤバイと思っていたが、ここ最近の進化は目を見張るものがある。

日本だけでなく世界中のカブ改造者であれば誰もが一度は通る道「フェンダーぶった切り」は当然として、バーハン化なども昔からあった定番カスタムだが、もっとも特徴的なのは「ありとあらゆるタイヤを履かせている」ということではないだろうか。

私も昔は、まるでウニのような超絶オフタイヤをカブ90に履かせていた時期があったし、太目のタイヤを履かせているカブも昔からチラホラ見てきた。しかし、インドネシアの改造カブが履いているタイヤは、どれもこれも「こんなのもアリなのか!」ってな感じで新鮮だ。
(中略)




東南アジアはゴリゴリ改造するからなあ

洪水になったら水上カブつくったり

日本だけやで

カブを限界まで使い切ってないのは(´・ω・`)

スポンサーサイト


2016年07月16日 (土) | 編集 |
読売新聞
トルコ軍一部反乱、60人死亡…大統領「鎮圧」

トルコで15日夜(日本時間16日未明)、軍の一部が首都アンカラや最大都市イスタンブールでクーデターを企てた。

 エルドアン大統領は16日未明、イスタンブールのアタチュルク国際空港で記者会見し、「クーデター(の動き)を鎮圧した。事態を掌握している」と述べた。反乱軍は両都市で戦車やヘリコプターを展開。ロイター通信によると、当局は少なくとも60人が死亡したと明らかにした。これまでに約330人が逮捕され、兵士が投降する動きも報じられている。情報は錯綜さくそうしており、緊迫した情勢が続いている。

 クーデターの企ては、エルドアン氏の強権的な政治手法に対する動きともみられている。同国西部で休暇中だったエルドアン氏は急きょ、イスタンブールに戻り、「衝突は一部で続いているがすぐに解決する」と空港で述べた。




やっぱりな(;´Д`)

2020年オリンピックは東京一択やったんや

不安要素が多すぎるで



2013年01月18日 (金) | 編集 |
産経ニュース
日本政府に事前通告なし 軍の攻撃「残念だ」と菅官房長官

 菅義偉官房長官は18日午前の記者会見で、アルジェリア南東部イナメナスでプラント建設大手「日揮」の日本人駐在員らがイスラム武装勢力に拘束された事件について、現地の日本人スタッフ17人のうち3人の無事を確認する一方、残る14人の安否は不明であることを明らかにした。無事が確認された3人について菅氏は「現場から離れて安全な場所にいる」との認識を示した。

 同社から外務省に連絡があった。ただ、情報は錯綜(さくそう)しており、17人全員が人質だったかは判明していない。

 政府は今夕、米英仏と共同で大使レベルでアルジェリア政府に対し、人質の安否を早急に確認するよう申し入れる。東南アジア歴訪中の安倍晋三首相は18日午前、菅氏に電話で、引き続き邦人の無事確認と救出に全力を挙げるよう指示した。

 首相は事件の情報収集に全力を挙げるため、インドネシア到着後に予定していた在留邦人との懇談や研究所への訪問日程をキャンセル。19日の帰国予定を早める検討に入った。岸田文雄外相も18日からの訪米日程を短縮し、20日午後の帰国予定を同日朝に早める。

 菅氏は会見で、日本政府として「人命第一」の対応を求めていたものの、アルジェリア軍が攻撃を開始したことについて「犠牲者が出たとの報道もあり、今回の軍の行動は残念だ」との認識を表明した。
(中略)




泣けるぜ

情報はほとんど海外のマスコミ

諜報組織を持たない日本政府は自分たちで情報を得て分析し評価することができない

以前、韓国と北朝鮮の南北首脳会談が実現した時

寝耳に水だった日本政府は

官房長官が「韓国政府からの情報提供を待ってるところです」

とアンポンタンなことを言いやがった

与えられるのを待ってるだけ

その時と何も変わってない

平和ボケの代償は国民が払わされる(´;ω;`)



2011年11月19日 (土) | 編集 |
東京新聞
タイ洪水 創意工夫で乗り切る

 【バンコク=共同】冠水地域でも走れる小型三輪タクシー「トゥクトゥク」や、水上の新たな交通手段として登場した発泡スチロール製ボート。大洪水が長期化する中、タイでは過酷な状況に対応するため創意工夫をこらした「新製品」が続々と誕生している。

 観光客が多い中部アユタヤ県には、前輪と車体を結ぶパイプを従来品よりも長くしたトゥクトゥクが走る。運転するワンチャイ・プンリットさん(45)が自力で改造。「膝くらいまで冠水していても運転できる。おかげで今でも仕事が続けられるよ」と満足顔だ。

 多くの地域が冠水しているバンコク西部では、分厚い発泡スチロールにモーターを付けた簡易ボートが登場。身近な乗り物として地元の人に利用されている。

 このほか、空のペットボトルをつなげて作ったボートなども相次ぎ誕生。タイ政府は、庶民の知恵で生まれた新製品のアイデアを公募し、優れたものは洪水対策に利用できるよう作り方を公開することを検討しているという。地元記者は「(洪水は)毎年のように起きており慣れっこ。生活を維持するために知恵を絞ってうまく付き合おうとしている」と話している。




日本のバイクメーカーも工夫してほしい
国内の販売台数が減ってるなら今までにない製品を出すべき

例えば俺が欲しいのはトライク

中型自動車免許なんで原付以外のバイクには乗れない

だから自動車免許でも乗れるバイク「トライク」を出して欲しい

今は改造がほとんどだけどイタリアのピアジオのようなメーカーが出してる例もある

日本は世界最強バイク帝国なのにその日本で廃れるのはもったいない

バイクメーカーはアジアのバイタリティーを見習え



2011年10月21日 (金) | 編集 |
産経新聞
生け捕り後殺害、靴で遺体叩き勝利祝う

 カダフィ大佐を生け捕りにした後、殺害した-。リビアの反カダフィ派代表組織「国民評議会」のダゲイリー国防相は20日、記者会見でこう明かした。国際刑事裁判所から逮捕状も出ている大佐については、政権による人権侵害やデモ弾圧の実態解明のためにも司法の裁きを望む声が強かったが、反カダフィ派兵士らの「憎悪」を押しとどめることはできなかったようだ。

 現地での報道や同派部隊兵士らの証言を総合すると、大佐はシルト市内にある、下水道のようなトンネル内に一部の側近とともに潜伏していた。

 部隊は20日、銃撃戦で大佐の警護兵を殺害し、血を流しながらも生きた状態で横たわる大佐本人を発見、一部兵士が額や胸部に銃弾を撃ち込んだ。大佐は、金製の拳銃を所持していたという。

 部隊は身柄を救急車に運び込み蘇生を試みたものの、大佐は死亡。兵士らは、イスラム世界では最大級の侮辱を表す靴底で大佐の遺体をたたくなどして勝利を祝った。トンネルには、「ネズミのカダフィの場所」と落書きされ、遺体は空路、部隊の拠点の北西部ミスラタに運ばれた。




カダフィ「という夢を見たんだ、そうだよな、そうだといってくれ!」