Patriot Game 強さの意味
2017年10月21日 (土) | 編集 |
J-CASTニュース
ユニクロ、海外事業が成長軌道 一方でさえない「国内」

カジュアル衣料品店ユニクロを展開するファーストリテイリングの業績が好調だ。同社が2017年10月12日に発表した8月期の連結決算(国際会計基準)によると、売上高に当たる売上収益は前期比4%増の1兆8619億円、営業利益は39%増の1764億円、純利益は2.5倍の1192億円と、いずれも過去最高だった。

海外ユニクロ事業が成長軌道に乗ってきたのが最大の要因。2018年8月期も勢いは持続しそうで、連結売上高は初めて2兆円を超え、海外ユニクロの売上高が初めて国内ユニクロを上回ると見込んでいる。
(中略)


一方、国内ユニクロはさえなかった。売上高は1%増の8107億円と増収を確保したが、営業利益は6%減の959億円。既存店売上高は1.1%増で、ワイヤレスブラ、感動パンツ、イージーアンクルパンツ、UTなどの話題性のある商品の販売が好調だったものの、人件費や物流費が増加し、利益を押し下げた。ECの売り上げ構成比は6%と、0.6ポイント増えた。3月のスマートフォンサイト刷新効果が出たが、それでも目標とする30%には遠く及ばない。国内ユニクロの急成長は難しそうだ。




だったらもう少し苦しんでくれや

株買いたくても高すぎて買われへん(´・ω・`)

メンズファッションの構造は単純や

オシャレな服は高い

安い服はダサい

ZOZOTOWNにある服はオシャレだが高い

おまけに9割はサイズが小さくて着られん

そして安い服の中ではユニクロが一番優れている

となるとユニクロしか着る服がないんや

だからユニクロには期待しとるんや!ヽ(`Д´)ノ

でも株は高くて買えないんや・・・(´;ω;`)

スポンサーサイト


2017年10月13日 (金) | 編集 |
産経ニュース
「AIアナウンサー」年間で掛かる費用1000円の衝撃


 エフエム和歌山が「ナナコ」と名付けたAIアナウンサーの運用を始めている。年間で掛かる費用は1000円程度だという。さまざまなAI機能が安価で簡単に買える時代、ビジネスの現場では何が起こるのか。

 和歌山県の放送局が、放送業界にちょっとした衝撃を与えている。特定非営利活動法人であるエフエム和歌山が「ナナコ」と名付けたAIアナウンサーの運用を開始したからだ。小規模なコミュニティー放送局では大量のアナウンサーを確保しておく余力はない。だがニュースや天気予報といった番組は、深夜や早朝にも必要とされるものであり、こうした時間帯での運用をどうするのかが課題であった。

 音声の読み上げシステムは以前から存在するので、機械が記事を読み上げること自体は、それほど驚くべき出来事ではない。だがエフエム和歌山の事例が画期的なのは、音声読み上げシステムを同局の職員が手作りしてしまったことである。

 もちろん職員が音声合成システムまで含めて全てを開発したわけではない。同社が選択したのは、米Amazon.com(以下、アマゾン)がクラウド経由で提供しているAIサービスを利用する手法だった。アマゾンは「AWS(Amazon Web Services)」と呼ばれるクラウドサービスを提供しているが、その中には、音声合成や画像分析、対話型インタフェースなど各種のAIサービスが含まれている。
(中略)




マジでか!( ゚д゚ )

俺も使ってみたい

て言うかIT業界大量失業者の可能性どころか

日本のIT企業、駆逐されるかもしれんやんけ

でもブラック企業がなくなるよ、やったね( ^ω^ )



2017年04月16日 (日) | 編集 |
日刊スポーツ
オリラジ中田敦彦、転売チケットの撲滅目指す

 お笑いコンビ、オリエンタルラジオの中田敦彦(34)が、チケット転売問題に自ら乗り出した。

 中田は15日、「転売屋の餌食にされた!」とブログを更新。22日にルミネtheよしもとで開催するオリエンタルラジオのお笑いライブについて、「80枚ものチケットが高額で転売されています!」とファンから報告を受けたことを明かした。

 先行販売での予約チケットの数が普段より多いわりに、常連客が落選を嘆いていたことから、中田も違和感を覚えてはいたらしい。中田は、音楽業界がチケット転売に本格的に取り組み始めたため、転売屋が今度はお笑い業界に目をつけたのではないかと推察した。




あのな転売屋を問題にするなら高額プレミアチケットを売れや

最初から高額なら転売屋は手が出せんやろ

高いカネ払っていいという客がおるんや

これはビジネスチャンスやで

モノの価値は市場が決める

それだけ市場に評価されとるんや

それが資本主義やで(`・ω・´)



2016年12月24日 (土) | 編集 |
J-CASTニュース
郵便はがき、10円値上げ 年賀はがきは52円に据え置き


日本郵便は2016年12月22日、郵便料金を値上げすると発表した。17年6月1日から、現行52円の通常はがきは62円、104円の往復はがきは124円になる。

値上げの理由は、郵便物の減少や、人件費単価の上昇など。ただし、17年向けの年賀はがき(52円)の料金は据え置かれる。



なんでやねん(´・ω・`)

郵便物がへればそれだけ人手もいらなくなるのに

合理化、効率化の失敗じゃねえの

アマゾン真似してみたら



2016年09月21日 (水) | 編集 |
J-CASTニュース
「『男性のみ』お断り」のイタ飯店 「差別」指摘受け、取った対応

東京・新宿歌舞伎町のイタリアンレストランが「男性のみの入店」を禁止してツイッターなどで物議を醸し、店側は、J-CASTニュースの取材に対し、「誤解を招いた」として看板を撤去したことを明らかにした。

歌舞伎町・一番街の入口から少し行ったところに、2016年7月6日に開店したこの店「コン・テラッツァ新宿」はあった。9月20日に16時の開店から少しすぎたころ、J-CAST記者が店を訪れると、確かに話題の看板を店頭に置いていた。

男性を示すマークの上に「×」印があり、1人でも複数でも入店は遠慮してほしいとあった。その一方、女性のみや男性の女性同伴の来店については、「◎」印が付いている。

騒ぎのきっかけは、ツイッターであった17日の投稿だった。この投稿主は、看板の写真をアップして、「男はイタリア料理食べる権利もない時代きてんのな!」と不満を示した。さらに、「女がいないと男は他人に迷惑をかけるって見解なのかな。場所柄外国人も多いし、そういう国だと誤解されるのはやだな...」などとつぶやいた。

店が食べ飲み放題のイタリアンバイキングであることから、男性だけだと食べすぎで採算が悪くなると考えたのではないかともこの投稿主は推測した。

投稿主のツイートは、2万件以上もリツイートされており、ツイッターのまとめサイト「togetter」でも取り上げられている。その書き込みを見ると、「これは酷い」「男には住みにくい世の中になってきたな」などと疑問や批判が相次いでおり、男性差別ではないかといった意見があった。性同一性障害の人も入店できないのかとの指摘もあった。

一方で、「店に客選ぶ権利がある」「これは男が女を誘えるツールとなるのでむしろ喜ばしい」と前向きにとらえる声も出ていた。
(中略)




俺は別に構わんと思うけどね(´・ω・`)

ビジネスはターゲットを明確にする必要がある

誰に向けての商品、サービスなのか

そうすることで商品が最適化される

ハゲのおっさんに髪がウルツヤになるシャンプーは売れんやろ

映画館主「女性のお客さんが少ないンゴねえ、おっさんばっかりや

 せや! レディースデーやったろ」

同じことだろ

それにイタリアンレストランに男一人で行くヤツってなんなの

海原雄山気取り?((´^ω^))